ツマキチョウ

a0049414_01551067.jpg
千川上水のヤブガラシの花に止まったツマキチョウ。
ツマキチョウは活発に飛び回り、なかなか止まった姿を撮らせてくれないのですが、ヤブガラシの花の蜜が大好物なようで、無防備な姿を見せてくれました。

[PR]
# by T-admiral | 2017-05-09 01:59 |

モンシロチョウの産卵

a0049414_20290648.jpg
まだ八分咲きといった感じのムラサキハナナにモンシロチョウが産卵しています。
立野公園では周りに畑が多いせいもあってスジグロシロチョウはあまり見かけずモンシロチョウが多いです。

[PR]
# by T-admiral | 2017-04-02 20:31 |

モンシロチョウ

a0049414_01462749.jpg
今年は暖かい日が訪れるのが早かったため、2月中の目撃例もあったようですが、画像に収めたのは今年この一枚が初めてです。
立野公園近くのダイコン畑にて。

[PR]
# by T-admiral | 2017-03-07 01:50 |

クロアゲハ♀

a0049414_205574.jpg
赤班の発達した夏型の♀のクロアゲハ。
産卵シーンが撮りたかったのですが、木立に邪魔されてできませんでした。
[PR]
# by T-admiral | 2016-08-21 20:57 |

サトキマダラヒカゲ

a0049414_21391314.jpg
ビオトープのカワヤナギは今年も樹液を出し、たくさんの蝶を集めています。他にもヒカゲチョウが見られました。
残念がら、コムラサキはまだ見ていません。
[PR]
# by T-admiral | 2016-06-05 21:41 |

アオダイショウ

a0049414_20301036.jpg
屋敷林と千川上水に囲まれている立野公園にはアオダイショウが多く、大きいものでは1メートルを超す個体がいます。
何もしなければおとなしい蛇ですが、いじめたりすると襲いかかってくることもあります。無毒ですが、咬まれると傷口から黴菌が入るので医師の治療が必要になります。
[PR]
# by T-admiral | 2016-05-24 20:35 | 両生 爬虫 魚類

アカボシゴマダラ

a0049414_13322808.jpg
アカボシゴマダラは、その名の通り、翅に赤い斑紋があるのが特徴的ですが、春に出現するものは「白化」といって赤班がまったくないのが普通です。
画像は春型のアカボシゴマダラに赤班が見られるタイプ。
アカボシゴマダラは人為的に海外から持ち込まれた可能性が高い外来生物で、赤班の春型アカボシゴマダラは、別の地域から新たに持ち込まれた個体なのではないかという懸念もあり、注意して観察していく必要がありそうです。


[PR]
# by T-admiral | 2016-05-08 13:41 |

ツバメ

a0049414_2127036.jpg
ビオトープの泥を持ち帰り営巣の材料に使うツバメのつがい。
[PR]
# by T-admiral | 2016-05-05 21:28 |

マダラガガンボ

a0049414_20543260.jpg
日本最大級のガガンボ、マダラガガンボ。
3~4センチありました。
こんなのに血を吸われたら大変そうですが、カと違ってガガンボは血を吸いません。
[PR]
# by T-admiral | 2016-05-03 20:58 | その他の昆虫

ツマキチョウ

a0049414_692069.jpg
ムラサキハナナに訪れるツマキチョウ♀
[PR]
# by T-admiral | 2016-04-26 06:10 |