クロアゲハ

a0049414_20502827.jpg
ビオトープで吸水するクロアゲハ。
蝶も暑い盛りの日中は、花の蜜よりも水を好むそうです。

[PR]
# by T-admiral | 2017-07-16 20:52 |

ムラサキシジミ

a0049414_10502886.jpg
アジサイの葉にムラサキシジミが止まっているのを見かけました。
ムラサキシジミはコムラサキ同様、食草となる樹さえあれば都心部でも見ることのできる蝶です。
アラカシなどブナ科の常緑樹、コナラなどの落葉樹を食草とし、立野公園にはそのいずれもが植えてあるのですが、どの木を食草としているのかは不明です。

[PR]
# by T-admiral | 2017-06-18 10:56 |

コムラサキ

a0049414_18050104.jpg
立野公園のコムラサキは一時期、ほとんど見られなくなってしまったのですがそれでも高い樹上にはそれらしい姿を垣間見ることがあり、正否を判定すべく今回バナナの焼酎漬けを吊るしてみたのですがやはりコムラサキを見ることが出来ました。

[PR]
# by T-admiral | 2017-06-10 18:12 |

樹液に集まる昆虫

a0049414_04523427.jpg
コムラサキが見られなくなって久しい立野公園ですが、僅かながら生き残っている。数は増えつつある。との目撃情報もあり、実際はどうなのか探るべくバナナの焼酎漬けを吊るしてみました。
早朝に仕掛けて昼に観察してみたのですが、ヒカゲチョウが一匹いただけで芳しい成果は見られませんでした。
a0049414_04524983.jpg
オオスズメバチも見受けられました。この時期のスズメバチは女王なので他のオオスズメバチより一回り大きいです。


a0049414_04530416.jpg
雑木林の木からは本物の樹液も出ており、こちらにはサトキマダラヒカゲが来ていました。
残念ながらコムラサキは見られませんでしたが、バナナの焼酎漬けは今後も続けてみるつもりです。

[PR]
# by T-admiral | 2017-06-08 05:04 |

ツマキチョウ

a0049414_01551067.jpg
千川上水のヤブガラシの花に止まったツマキチョウ。
ツマキチョウは活発に飛び回り、なかなか止まった姿を撮らせてくれないのですが、ヤブガラシの花の蜜が大好物なようで、無防備な姿を見せてくれました。

[PR]
# by T-admiral | 2017-05-09 01:59 |

モンシロチョウの産卵

a0049414_20290648.jpg
まだ八分咲きといった感じのムラサキハナナにモンシロチョウが産卵しています。
立野公園では周りに畑が多いせいもあってスジグロシロチョウはあまり見かけずモンシロチョウが多いです。

[PR]
# by T-admiral | 2017-04-02 20:31 |

モンシロチョウ

a0049414_01462749.jpg
今年は暖かい日が訪れるのが早かったため、2月中の目撃例もあったようですが、画像に収めたのは今年この一枚が初めてです。
立野公園近くのダイコン畑にて。

[PR]
# by T-admiral | 2017-03-07 01:50 |

クロアゲハ♀

a0049414_205574.jpg
赤班の発達した夏型の♀のクロアゲハ。
産卵シーンが撮りたかったのですが、木立に邪魔されてできませんでした。
[PR]
# by T-admiral | 2016-08-21 20:57 |

サトキマダラヒカゲ

a0049414_21391314.jpg
ビオトープのカワヤナギは今年も樹液を出し、たくさんの蝶を集めています。他にもヒカゲチョウが見られました。
残念がら、コムラサキはまだ見ていません。
[PR]
# by T-admiral | 2016-06-05 21:41 |

アオダイショウ

a0049414_20301036.jpg
屋敷林と千川上水に囲まれている立野公園にはアオダイショウが多く、大きいものでは1メートルを超す個体がいます。
何もしなければおとなしい蛇ですが、いじめたりすると襲いかかってくることもあります。無毒ですが、咬まれると傷口から黴菌が入るので医師の治療が必要になります。
[PR]
# by T-admiral | 2016-05-24 20:35 | 両生 爬虫 魚類