オオイヌノフグリ (瑠璃唐草と呼びましょう)

a0049414_11463523.jpg新春を迎え、一番早く花を咲かせるのが、このルリカラクサ。大犬の×××だなんて名前は、この可愛らしい、まだ寒い日が続く中、健気に花を咲かせ、私達に春の訪れを告げてくれる花には似合わないので、私はルリカラクサと呼んでいます。他にも、天人唐草、星の瞳などと呼ぶ地方があります。
日本の春を代表する野草のようですが、ヨーロッパ原産の外来生物です。
外来植物は、
①ナズナなど弥生時代に稲作の伝播と共に齎されたもの
②シロツメクサなど室町時代にオランダからの輸入品と共に齎されたもの
③セイヨウタンポポなど明治以降ヨーロッパから導入した野菜が野生化したもの
④セイタカアワダチソウなど戦後米国からの物資に紛れ込んできたもの
以上の4種類があり日本の歴史と密接な関係があります。
ルリカラクサは1890年代に東京で帰化した事が分かっています。
[PR]
by T-admiral | 2006-02-08 19:27 | 雑草
<< 蕗の薹 河川三景 >>