「ほっ」と。キャンペーン

グッピー

a0049414_17315251.jpg

給水ポンプの故障と夏の渇水で、すっかり干上がってしまい、コイやブラックバスなどの大型の魚がすっかり姿を消してしまったビオトープですが、秋雨で水が戻り、小さな魚が泳いでいるのを見かけました。
クチボソかな、と思ってよく見ると、なんとグッピーでした。
こんな魚が自然発生するわけがないので、だれかが放したに違いないのでしょうが、今のうちならいざ知らず、冬になったら死んでしまいます。かわいそうな事をするのはやめましょう。
給水ポンプの故障を放置したままビオトープの生物を殺してしまう区行政にも強い憤りを感じますが、次々と外来生物を放流し続ける近隣住民にも、あきれかえってしまいます。
[PR]
by T-admiral | 2007-09-24 17:42 | 両生 爬虫 魚類
<< ナマズ セスジスズメ(幼虫)② >>