カテゴリ:幼虫、蛹( 31 )

ルリタテハ幼虫

a0049414_12121958.jpg
ホトトギスに産み付けられたルリタテハの幼虫が育っています。

[PR]
by T-admiral | 2017-10-22 12:13 | 幼虫、蛹

キチョウ


a0049414_22095093.jpg
キチョウはマメ科の植物に産卵し繁殖します。
a0049414_22125417.jpg
ハギに産卵されたキチョウの卵
a0049414_22141922.jpg
サイカチで蛹になったキチョウ


[PR]
by T-admiral | 2017-09-28 22:15 | 幼虫、蛹

ジャコウアゲハ幼虫


a0049414_03341864.jpg

立野公園に植栽したウマノスズクサに今年もジャコウアゲハが卵を産み、幼虫が育っています。
蝶に羽化してくれると嬉しいのですが、増えすぎるとウマノスズクサを食べ尽くし、全滅させてしまうのでちょっと困りものです。

[PR]
by T-admiral | 2017-08-21 03:38 | 幼虫、蛹

ジャコウアゲハ(蛹)

a0049414_5532191.jpg
ジャコウアゲハの蛹は黄色っぽい色をしているのですが、羽化直前になると羽や足や腹の模様が透けて見えてきます。
明後日には羽化するでしょう。
a0049414_623162.jpg
こちらは、寄生バエにでも侵されたのか、壊死してしまった蛹。残念ながら羽化することはありません。
[PR]
by T-admiral | 2014-08-07 05:55 | 幼虫、蛹

アカホシゴマダラ蛹

a0049414_16373072.jpg
エノキの若木にアカホシゴマダラの蛹を発見。
アカホシゴマダラの蛹はゴマダラチョウの蛹より外縁の突起が大きいので見分けがつきます。
アカホシゴマダラはゴマダラチョウのようにエノキの落ち葉ではなくエノキの幹で幼虫で冬を越すものだと図鑑には書いてありますが、実際にはゴマダラチョウのように落ち葉で過ごすものもいたり、このように蛹になってしまうものもいるのだそうです。
もともと南国生まれなので冬の過ごし方は決まってないようです。
それでも、この寒い冬をどうして凍死せずに乗り越えられるのか謎です。
[PR]
by T-admiral | 2012-12-24 16:44 | 幼虫、蛹

ルリタテハ幼虫

a0049414_60393.jpg
小さいうちは黒っぽかったルリタテハの幼虫は、大きくなるにつれてこのようなカラフルな姿に変わっていきます。
[PR]
by T-admiral | 2012-11-13 06:02 | 幼虫、蛹

ルリタテハ幼虫

a0049414_641426.jpg
今年も庭のホトトギスにルリタテハの幼虫が発生しました。
今年は数が少なく3匹です。
[PR]
by T-admiral | 2012-11-01 06:05 | 幼虫、蛹

ツマグロヒョウモン(幼虫)

a0049414_1423379.jpg
スミレが植わっていた植木鉢を整理していたら、傍らで冬眠しているツマグロヒョウモンの幼虫を見つけました。
ツマグロヒョウモンは春先から姿を見られる蝶ですが、幼虫で越冬し春に蛹から成虫に変態するようです。
[PR]
by T-admiral | 2012-02-05 14:31 | 幼虫、蛹

ナガサキアゲハ(蛹)

a0049414_19381244.jpg
ミカンの木にアゲハ類の蛹を発見。
蛹なので特定は出来ませんが、大きさと形からしてナガサキアゲハなのではないかと思います。
アゲハ類は種類に関係なく、冬でも瑞々しい緑色のカラタチでは緑色の、冬に落葉するサンショウでは褐色の、そして冬に退色するミカンでは、ごらんのように退色した蛹になってカモフラージュしています。
彼らがどうやって、食草と同じ色の蛹になるのか、その仕組みは謎です。
[PR]
by T-admiral | 2012-01-08 19:46 | 幼虫、蛹

ルリタテハ幼虫

a0049414_20192618.jpg
華芽が膨らみ始めた我が家の庭のホトトギスにルリタテハが卵を産んだようで、幼虫がせっせと葉を啄んでいました。
去年、一昨年と姿を見せなかったので、今年は久しぶりの来訪です。
[PR]
by T-admiral | 2010-10-14 20:23 | 幼虫、蛹