ジャコウアゲハ

a0049414_19324674.jpg
立野公園にて、産卵中のジャコウアゲハを発見。
アゲハチョウに限らず、蝶は葉の裏側に産卵するのが普通だと思っていたのですが、ジャコウアゲハは葉の表側に産卵していることが多く、どうやっているのか不思議だったのですが、こうして産卵していました。
肝心の腹が葉で隠れてしまっているのが残念。
ジャコウアゲハの食草のウマノスズクサの茎が不安定なため、こうなってしまうのか、それとも葉の表側にわざと産卵しているのかは不明。
もしそうなら、葉の表に産卵するメリットは何なのでしょうか。
[PR]
# by T-admiral | 2014-07-15 19:39 |

カブトムシとヒカゲチョウ

a0049414_019171.jpg
今年も立野公園の雑木林に、焼酎で発酵させたバナナを吊るしたところ、さっそくカブトムシとヒカゲチョウが集まってきました。
地元で農家をやってる人の話では東日本大震災以降、落ち葉に放射能が溜まるので、行政が処分するよう決めたため、堆肥が作れなくなり、カブトムシもいなくなるのではないかといわれていましたが、今年も立野公園の雑木林にやってきてくれました。
蝶は、コムラサキやゴマダラチョウの時期を逃してしまったらしく、ヒカゲチョウしか見ることができませんでした。
[PR]
# by T-admiral | 2014-07-09 00:35 | 甲虫

ジャコウアゲハ

a0049414_19355024.jpg
最近、立野公園でみかける、黒いアゲハといえはクロアゲハよりじゃジャアゲハのほうが多いような気がします。
ウマノウズクサの栽培が順調なのでしょうか、
それにしては、ウマノスズクサに食痕がまったく見られないのですが。
[PR]
# by T-admiral | 2014-05-25 19:35 |

カブトムシ

a0049414_1336585.jpg
来月、8月4日に開催される葉っぴいまつりでの昆虫観察会で、たくさんの昆虫を見てもらうため、現在蝶の里では、バナナの果肉を包んだ袋をを吊り下げてあります。
アカホシゴマダラなどの蝶に加え、稀にカブトムシが飛来することもあります。
立野公園では昆虫の採集を特に禁止してはいませんが、気を付けてほしいのは、このような場所には、必ず、スズメバチがいる事。
むやみに袋を引っ張ったり、網を振り回したりするとスズメバチを刺激してとても危険です。
スズメバチには充分に注意して、そのような事は決してしないでください。
[PR]
# by T-admiral | 2013-07-14 13:44 | 甲虫

コムラサキ

a0049414_10351970.jpg
一昨年の台風以来、去年はまったく姿が見られなかったコムラサキですが、今年は普通に見られるようになりました。
ビオトープに植えられているヤナギの木だけが頼りなので油断できないのですが、とりあえずは健在のようで一安心です。
[PR]
# by T-admiral | 2013-05-25 10:41 |

ムラサキハナナとツマキチョウ

a0049414_210074.jpg
ムラサキハナナは蝶の里には多く咲いていたのですが、一昨年の原子力発電所事故で区が公園の土壌を除染したせいか、昨年はまったくムラサキハナナが咲きませんでした。
そこで新しくムラサキハナナを植え足したので、今年は蝶の里でたくさんのムラサキハナナが見られます。
ムラサキハナナを食草としているのがツマキチョウで、上の画像はムラサキハナナに産卵しているツマキチョウの♀。
a0049414_217468.jpg
これがツマキチョウの卵。
ムラサキハナナは夏になると枯れてしまいます。
ツマキチョウもムラサキハナナが枯れるころには蛹になってそのまま夏を過ごし秋冬を超えて春を待ちます。
なのでどちらも、土壌が侵されるととても脆いのです。
[PR]
# by T-admiral | 2013-04-14 21:11 |

モンシロチョウ

a0049414_16571799.jpg
今年は2月の下旬ごろから暖かな日があったので、これが本当の初見かどうかはわかりませんが、当ブログにおける練馬区のモンシロチョウの初見です。
2013年3月6日正午過ぎ頃、立野公園近くの菜の花畑にて撮影。
[PR]
# by T-admiral | 2013-03-06 17:01 |

雪の蝶の里

a0049414_206389.jpg
午前中に降り出した雪は正午にはすっかり積もり、一面の銀世界です。
ヒヨドリとニンゲンとイヌ以外、生き物は見られませんでした。
[PR]
# by T-admiral | 2013-01-14 20:10

アカホシゴマダラ蛹

a0049414_16373072.jpg
エノキの若木にアカホシゴマダラの蛹を発見。
アカホシゴマダラの蛹はゴマダラチョウの蛹より外縁の突起が大きいので見分けがつきます。
アカホシゴマダラはゴマダラチョウのようにエノキの落ち葉ではなくエノキの幹で幼虫で冬を越すものだと図鑑には書いてありますが、実際にはゴマダラチョウのように落ち葉で過ごすものもいたり、このように蛹になってしまうものもいるのだそうです。
もともと南国生まれなので冬の過ごし方は決まってないようです。
それでも、この寒い冬をどうして凍死せずに乗り越えられるのか謎です。
[PR]
# by T-admiral | 2012-12-24 16:44 | 幼虫、蛹

ルリタテハ幼虫

a0049414_60393.jpg
小さいうちは黒っぽかったルリタテハの幼虫は、大きくなるにつれてこのようなカラフルな姿に変わっていきます。
[PR]
# by T-admiral | 2012-11-13 06:02 | 幼虫、蛹