ムラサキシジミ

a0049414_16173120.jpg
穏やかに晴れた初冬の今日、蝶の里ではムラサキシジミが見られました。
[PR]
# by T-admiral | 2012-11-04 16:20 |

ルリタテハ幼虫

a0049414_641426.jpg
今年も庭のホトトギスにルリタテハの幼虫が発生しました。
今年は数が少なく3匹です。
[PR]
# by T-admiral | 2012-11-01 06:05 | 幼虫、蛹

ミドリヒョウモン

a0049414_1553420.jpg
ブットレアの花に、ミドリヒョウモンを発見。
ツマグロヒョウモンによく似ていますが、ちょっとくすんだ色をしているので、見慣れてくるとすぐにわかります。
この蝶も秋になるとたまに現れます。
[PR]
# by T-admiral | 2012-10-22 01:59 |

アカタテハ

a0049414_2026126.jpg
ここ数年、今の季節になると蝶の里のブットレアにアカタテハが訪れていたのですが、今年も確認できました。
アカタテハはヒメアカタテハより少し大型で色も濃く、それほど頻繁に見られる蝶ではありません。
食草のカラムシは近くの千川上水沿いに自生しているので、そこで繁殖しているのでしょう。
[PR]
# by T-admiral | 2012-10-13 20:34 |

ツバメシジミ

a0049414_1584225.jpg
ハギの花で吸蜜し、産卵もしていたツバメシジミの♀。
ツバメシジミの♂は鮮やかな青色なのに比べ♀は黒褐色ですが、秋に発生する個体には橙色の斑紋があり、地味ながら独特の美しさがあります。
[PR]
# by T-admiral | 2012-09-22 15:15 |

アカホシゴマダラ

a0049414_183495.jpg
今年はゴマダラチョウも確認しているのですが空の高いところを飛んでいて撮影できません。
アカホシゴマダラは、花には見向きもしない蝶ですが休憩のためかこのように餌とは関係のない枝に止まることがあるようです。
[PR]
# by T-admiral | 2012-06-10 18:07 |

トウキョウダルマガエル

a0049414_20224535.jpg
去年、何者かがビオトープに放流したトウキョウダルマガエルが繁殖期に入り盛んに鳴き声を上げています。
今までビオトープにいたニホンアカガエルやアズマヒキガエルは、あまり大きな声では鳴かないのですがトウキョウダルマガエルはご覧の通り、喉だけではなく両頬を膨らませて鳴くのでとても大きな鳴き声がします。
その他、ニホンアカガエルやアズマヒキガエルは陸生で、水の中で暮らすのは幼生(おたまじゃくし)の時だけで成体(カエル)になると陸の上で暮らし、産卵時期もまだ冬の2月頃と早いのですが、トウキョウダルマガエルは冬眠する以外はずっと水の中で暮らし、産卵時期も4~7月と、これからです。
果たして無事産卵を終え、子孫を繁栄させられるのでしょうか。
[PR]
# by T-admiral | 2012-04-29 20:43 | 両生 爬虫 魚類

ツマキチョウ

a0049414_20455026.jpg
ハナニラで吸蜜するツマキチョウ。
[PR]
# by T-admiral | 2012-04-16 20:50 |

ルリタテハ

a0049414_1714443.jpg
すっかり春めいてきましたが、今年は暖かくなるのが遅かったせいか春に羽化するタイプの蝶があまり見られません。
ルリタテハがクヌギの幹で開翅してた他、キタテハなども見られました。
[PR]
# by T-admiral | 2012-04-01 17:17 |

モンシロチョウ

a0049414_18162073.jpg
モンシロチョウの今年の初見は今日ではありませんが、週末に荒れる天気が多かったのでようやっと撮れました。
雨も生き物たちにとっては命の恵みです。
もう春ですね。
[PR]
# by T-admiral | 2012-03-25 18:21 |